2012年オホーツク流氷旅行記 1


HOME> 1     

 

ある日突然、流氷が見たくなった。テレビを見ていたら、4年ぶりに稚内で流氷が観測されたとのニュースが流れてきたからだ。

そういえば、流氷なんて大抵はたまたま寄り付いたのを車窓から、あるいは港から見ただけで、まともに見たこと無かったなあ。

 

道内夜行列車廃止以来、すっかり足が遠のいていた道東。夜行のオホーツク9号があればなあ・・・と思って時刻表を調べると『流氷特急オホーツクの風』号というリゾート車両を使用した良さげな列車があるではないか。

臨時列車だからか、往復1万4000円の得割きっぷで乗車できる。

流氷見物だけだから日帰りで、とも思ったが、楽天トラベルで調べると1泊3300円のホテルがあったので予約した。

 

考えてみれば、列車のB寝台ならば寝台料金1泊6300円。最近はビジネスホテルも安くなって、ネットで調べれば1泊3〜4千円台のホテルはいくらでもある。

これじゃ夜行列車は商売にはならない。夜行は格安移動目的くらいなマイナーな移動手段になったのだなと思い知った。

 

というわけで、会社帰りに札幌駅みどりの窓口で指定席を取ってきた。『流氷特急オホーツクの風』号である。

 

P3030019.jpg

ノースレインボーで運転される『流氷特急オホーツクの風』。

P3030006.jpg

NORTH RAINBOW』 と書かれた側面。

 

札幌駅1階コンコースの売店で駅弁とビールを買ってホームに上がると、オホーツクの風号はすでに入線していた。

指定券の席は3号車、2階建て車両の2階席だ。壁の前の席だが、階段室の出っ張りがあるので上面は見通せるので窮屈さは無い。足元はグリーン車並みの広さがあるのでこれはいい席に当たった。

 

座席のテーブルには飛行機みたいなイヤホンが置いてある。車内各所にテレビがあって、走行中は映画を放映するとのこと。

札幌を発車してしばらくは、列車前面展望を流していた。個人的には映画よりこっちのほうがいいなあ。

 

駅弁は『石狩鮭めし』、朝から飲むビールうまい。

 

P3030010.jpg

壁席ながら、足元も広く快適だった座席。

P3030033.jpg

▲イクラがぎっしり詰まった『石狩鮭めし』。朝ビールがうまい。

 

2階建て車両の2階なので天井が低い。座ってしまえば気にならないが、立ちあがって天井に頭をぶつける人が多い。でも、通過する駅などでは、目線の位置が高いのは気持ちがいい。

 

また、この車両はエンジンが付いていないトレーラーなので、走行中でも車内は大変静か。ちょっとした物音をたてても車内にひびくほどだ。

 

P3030009.jpg

3号車は2階建て車両。2階席は天井が異様に低い。左側の出っ張りは階段室。

P3030026.jpg

発車後しばらくはモニターに前面展望が映し出される。

 

P3110008.JPG  P3110009.JPG

乗車証明書と車内販売メニューが配られる。

 

P3030085.jpg3号車階下のラウンジカー。フリースペースで売店もある。

P3030127.jpg

観光列車らしくラウンジカーには記念撮影用のグッズも置いてある。

 

沿線はずっと天気が良い。先行列車の車両不具合とかで、旭川には10分遅れで到着した。ここから乗ってくる人が多い。石北本線に入って多少乗り心地が悪くなるも快調に走っていたが、突然減速し、つんのめるようにして急停止した。

車掌によると、沿線の除雪機から飛んできた石が当たったとのこと。

 

先頭車両に見に行ってみると、前面フロントガラスは一面、網の目状にひび割れている。ここで修理できるはずもなく、これでは運転打ち切り確定で、がっかりだ。

運転士は無線で、「一面ひび割れてますが、一応信号は確認できますので最徐行で伊香牛駅まで移動します」と話していた。

しばらくすると列車はノロノロと動き出し、伊香牛駅で停止した。

 

P3030084.jpg

▲フロントガラス一面見事に網の目状にヒビ割れた。

P3030093.jpg

▲にわか列車撮影会場と化した伊香牛駅。

 

P3030087.jpg

▲いち早く駆けつけた駐在さんの現場検証。

P3030106.jpg

▲伊香牛(いかうし)駅。イカとは関係ない

 

伊香牛は「いかうし」と読む。旭川発の普通列車に1日1本だけ伊香牛行きというのがあるので知っていた。

隣は、この駅で追い抜くはずだった上川行き普通列車が停まっていた。普通列車のほうを先に行かせるようで、車掌が上川まで行かれる方は普通列車のほうに乗り換えるように放送していた。

 

普通列車が発車すると、1号車と2号車のドアを開けるのでホームに出ても良いとの放送がある。

 

観光客ばかりの乗客は、珍しい駅で降りられたとばかりに写真を撮ったりしている。愛煙家たちもホームでここぞとばかりに煙をくゆらせる。

駅近くの駐在さんがさっそく来ていて、写真を撮ったりして現場検証をしているが、田舎らしくのんびりとしている。

 

P3030105.jpg

▲無人駅ながら立派な丸太小屋の伊香牛駅。

P3030114.jpg

▲灯油ストーブには火が灯り暖かい。椅子には座布団も置かれ温もりのある駅舎内。

 

初めて見る伊香牛駅の駅舎は立派で、ログハウス(丸太小屋)になっている。駅舎自体観光スポットにしても良いくらい、なかなかお洒落な建物だ。観光地でもない無人駅なのにずいぶんお金をかけたものだと感心した。

 

 


2へつづく

HOME

 

【J-TRIP北海道旅行】早期予約でさらにお得!ホテル飛行機を自由に選べる気ままな旅♪