旅行

青春18きっぷ旅行記 2005年 〜 札幌発広島行

第1章 第2章 第3章 第4章 第5章 | 第6章 |第7章 第8章 第9章 |・・・・・・ | ホーム

第6章 新宿―東京―浜松 (9月6日その1

 

東海道本線各駅停車の旅

4回目 9月6日 

JR東日本 新宿駅

新宿     7:40 →  7:54  東京 中央線快速 

 

大型の台風14号は6時現在、鹿児島に上陸したとテレビで報じていた。すでにJR九州では全線運休が決まったそうだ。台風のスピードは予想以上に遅く、明日(7日)まで西日本では影響が出そうだ。

 

朝食後早々に支度をして、7時半近くにチェックアウトする。小雨模様の朝の歌舞伎町を抜けて新宿駅へ。改札口で4回目の日付印を押してもらい、オレンジ1色の中央線電車で東京駅に向かう。朝ラッシュだが、さほどの混雑ではなかった。

▲宿泊したカプセルホテル。

▲朝の新宿歌舞伎町。

▲雲がかかる新宿高層ビル街。

 

東京   8:10 →  9:51  熱海 東海道本線・普通

東京駅のコンコースでは「台風14号の接近のため、四国・九州方面への旅行は差し控えるようお願いします」と繰り返しアナウンスがある。新幹線は今のところ平常通り運転している模様。

一旦改札を出て、東京駅丸の内口の赤レンガ駅舎を写真に撮る。昨日の上野駅や新宿駅もそうだったが、駅構内のあちこちに警官が立っている。テロ対策なのだろうか。

▲東海道線各駅停車の旅は東京駅から。

▲東京駅ホームと2階建てグリーン車。

東海道線ホームに上がり、ホームの券売機で熱海までのグリーン券を買う。

東京発の普通電車には2階建てグリーン車が連結されている。青春18きっぷも自由席に限りグリーン券を購入すれば、グリーン車を利用することが出来るようになった。かつての大垣夜行のグリーン車は乗ったことはあったが、2階建てグリーン車は初体験である。

グリーン車の2階席は天井が低くて狭苦しい感じだが、座ってしまえば眺めもよく、さすがグリーン車だと思う。座席自体は、新幹線の普通車レベルで足元のフットレストも無かった。

 

2階席の乗客は5人ほど、発車してすぐ車掌が車内改札にやってきた。新橋、品川、川崎と停まるが、すれ違う上り列車は超満員でどの駅のホームも人で溢れている。すいていて静かなグリーン車の2階席からは、そんなラッシュアワーの光景も別世界の出来事に見える。

缶ビールでもあれば旅行気分満点なのだが、いくら旅行中とはいえ平日の朝から飲むわけにはいかないので自粛としておく。

2階建てグリーン車。アーチ型の天井が特徴。

▲暗い相模湾を眺める。

▲熱海に到着。

小田原を過ぎ、早川からは海沿いを行く。崖の上を走り、2階席なので眺めが大変良い。波は無く穏やかな相模湾が広がるが、空も海も暗い。真鶴では雨が降ってきた。ここからはトンネルが多くなり、山の中の風景へと変わる。

 

湯河原と次は終点熱海。ここから静岡県である。1時間40分のグリーン車の旅はここまで。

熱海   9:58 → 11:14   静岡 東海道本線・普通

熱海からは静岡行の普通電車に乗換える。ホームに入ってきたのは全てロングシートの車両で6両編成。東京からの15両編成の電車から乗り継ぐと、なにやらローカル線に乗り継いだような感じがする。

 

発車メロディが鳴り響き、座席が半分埋まる程度の乗車率で発車する。長い丹那トンネルに入る。いま座っている座席から連結部分の運転席にある速度計が見え、時速110キロを指していた。トンネルを抜けると雨は上がっていて、日が差している。

函南はJR東海最初の駅となる。発車メロディは無く、電子音のベルが鳴って発車する。三島では青空が出ていたが、遠くに見える山の向こうには真っ黒い雲が見えるので、晴れているのもこのあたりだけだろう。

 

いつの間にかウトウトと眠ってしまい、気がつくと蒲原だった。南側には青空が広がるが、富士山はさすがに雲の中である。次が由比。駿河湾沿いを行くが、こんな電車に乗っているのがもったいないような良い天気だ。

鎌倉あたりは雨が似合うと思ったが、静岡県のこのあたりは暗い雨降りはあまり似合わない。富士山がくっきり見える冬の晴れた日が一番似合うと思う。

そんなことを考えていると興津に着く。それにしても、東京を出発してから3時間近く電車に乗っているが、線路沿いに続く町の途切れることが無いので、いつまで経っても東京の郊外のような感覚が抜けない。

 

清水でたくさん乗ってきて立ち客も出てきた。次の草薙からも乗ってきて、静岡に着くころにはだいぶ混雑して来たが、東京の電車と違い殺伐とした空気はなく、のんびりとしたムードが漂う。

 

「駿州一の大都会

静岡いでて阿部川を

   わたればここぞ宇津の谷の

    山きりぬきし洞の道」       大和田建樹(鉄道唱歌 二十一より)

静岡  11:26 → 12:37  浜松   東海道本線・普通

静岡での乗り継ぎ時間は12分。ホームに駅そば立ち食いの店があったので『かき揚げ天ぷらそば』を食べる。静岡はまだ濃い口の味で汁の色は真っ黒。どのあたりが関西風との境界なのだろうか。そばを食べていると浜松行が入線してくる。

 

ホームの端の方には、「コーヒー・生ビール・お酒」と看板を出した立ち飲みの店があり、このあたりの駅ではよく見かける。名古屋鉄道の駅にもよく見かけた気がするが、東海地方独特なのだろうか。そして、しっかりと昼からビールジョッキ片手のオヤジがいるのであった。

▲静岡駅で乗換え。

▲静岡駅ホームの『かき揚げ天ぷらそば』。

▲立ち飲みスタンド。右側の女性は電話をかけてるだけです。

静岡からは浜松行に乗る。今度は4両編成で、進むにつれて短編成になって行く。あいてるボックス席を見つけ、そこに座る。青い布地の席が並ぶ昔ながらの車両で、いまや乗ることもすっかり少なくなってしまった。数年後には国鉄時代の車両は消滅していつかも知れない。

 

用宗を過ぎたあたりから田んぼや茶畑が車窓に現れて、旅行気分になってくる。

焼津、西焼津、藤枝と停まって行くが、乗り降りもほとんど無く、車内は落着いたまま。島谷でたくさん乗ってきて、このボックスも相席となった。

▲青色のボックスシートが並ぶ。

▲パタパタ式の発車案内が健在。静岡駅。

▲大井川の鉄橋を渡る。

大井川の鉄橋を渡り、しばらくするとひなびた感じのか細い線路が寄り添ってくる。SL列車で有名な大井川鉄道で、いずれ乗ってみたいと思っているのだが、東海道線を通るとついつい先を急いでしまい、なかなかその機会にありつけない。今回も残念ながらパスしてしまう。

 

菊川あたりは茶畑や田んぼが広がる田園風景になる。茶畑の中に、先端にプロペラがついている柱が何本も立つが、あれは何なのだろうか。などと考えていると、新幹線も良いが、こっちだってそう悪くは無いと思えて来る。

再びビルが建ちならぶ風景になってくると掛川で、ビルの谷間から掛川城がちらりと見えた。

▲菊川では車窓に茶畑が現れる。

▲浜名湖の鰻で有名な浜松。

▲浜松からは新快速が走る。

豊田町という新しい駅を過ぎると天竜川の長い鉄橋を渡る。

浜松あたりでは、浜松オートレースや浜名湖競艇の看板が目立つ。賭け事はやらないのでわからないが、この手のギャンブルはこの地方で盛んなのだろうか。

 

浜松からはJR東海の新快速電車に乗換える。

浜松駅のホームにも立ち食いそば屋があり、ちょっとのぞいてみたが、ここも濃い口のそばツユだった。

 

< 第5章 鎌倉―都電―新宿

第7章 浜松―名古屋―岡山 ≫

ホームページへ