HOME鉄道旅行記>はなたび利尻で稚内へその1 その2

 

はなたび利尻で稚内へ

その1


★2007年9月22〜23日季節列車だった夜行の特急「はなたび利尻」で稚内まで行った記録です。

 

 

まだ暑い日もあったりするが、札幌あたりはすっかり秋の気配で、夜行特急「はなたび利尻」も9月いっぱいで今年(2007年)の運転は終了する。

稚内行の夜行特急は2006年の3月までは定期列車だったが、今は夏場の金・土・日のみの運転となって、名前も「はなたび利尻」と変わった。

 

また旅の虫が出てきたのは2007年9月22日土曜日の夜であった。早速簡単な旅支度をして札幌駅に向かう。稚内までなら「Rきっぷ」を買えば1万2000円で往復できる。

 

改札内コンコースで唯一開いているキヨスクでビールなどを買いこんでホームに上がる。さすがに観光シーズンも終わった土曜はホームの人影もまばら。

 

▲「臨時特急はなたび利尻」のホーム表示。

▲「はなたび利尻」号となったがヘッドマークは「利尻」のもの。

 

22:55に5番線に「利尻」のヘッドマークをつけた列車が入ってくる。

車内はがら空きである。この列車は23:05発だが、旭川行き最終「スーパーカムイ」が2分前の23:03に発車するので、当然ながら旭川までの人はこちらには乗ってこない。

向かいの6番線ホームは釧路行き特急「まりも」だが、あちらも空いている。

 

「はなたび利尻」の車両は特急「サロベツ」と同じ車両で、指定席車両の車内はリニューアルされて座席の間隔も広げられたので居心地は大変良い。この車両は稚内まで行き、寝台車を外して特急「サロベツ」となって札幌に戻ってくるのである。

  

▲おつまみとビールをテーブルに並べてみる。

▲利尻の指定席はリニューアルされて足元もひろびろ。

 

キヨスクで買ってきたビールとおつまみをテーブルに並べてまずは乾杯。普段缶ビールなどあまり飲まないし、おつまみ系も食べることはないのだが夜行列車に乗るとこういうものが欲しくなる。

 

ビールを飲みながら、流れる夜景と窓ガラスに写し出される車内などを眺めながら考え事をしたり、読書をしたりするのが夜行列車の醍醐味だと思っている。

 

滝川を発車したあたりで車内は減光となる。白熱灯だけ点灯なので真っ暗ではないが本はもう読めない。前の席を回転させボックス席にして寝ることにする。広々としたボックスで肘掛を枕にして横になる。

 

▲観光シーズンはとうに過ぎた。車内はすいている。

▲午前0時を過ぎて車内は減光。

 


 

目が覚めると5時。ようやく明るくなってきたところ。デッキに出ると、とても寒い。

列車は終点稚内へ向けて走り続けている。すっかり亜寒帯の空気。荒涼とした風景は何か悲しくわびしい気分にさせられる。

夜行「利尻」に乗って夜が明けると、最果てに来た気分になる。

 

自分は一時期稚内に住んでいたことがある。当時はまだ急行列車だった。帰省して札幌から「利尻」で稚内に帰ることも度々あった。列車で一晩明けて最果ての風景を見ると、稚内でのつらい生活もあって、とても心細くなったものである。

 

札幌も旭川もはるか遠く、ここはもうロシア・サハリンに近い。

 

▲朝5時過ぎ、ようやく夜が明ける。

▲抜海駅で上り回送列車と交換のため9分停車。

 

抜海駅に5:11に停車する。運転停車なのでドアは開かない。5:20に2両編成の回送列車が通過したあとこちらも発車する。

 

笹だらけの丘陵地帯は人家も無く、荒涼とした風景がしばらく続いたあと、利尻島と礼文島が海のかなたに見える場所を通る。

列車は親切に徐行してくれる。この日も利尻、礼文の両島がはっきりと姿を見せていた。

 

木製の防風柵。

▲日本海のかなたに利尻岳が浮かぶ。

 

再び笹の丘陵地帯へと分け入って行く。長らくの寒い風景から一変して、オアシスのように突然稚内の住宅地が現れる。南稚内着は5:38、ずいぶん早く到着した。

 

▲南稚内に到着。地元の人らしい数人が下車する。この時間は無人駅。

▲稚内駅の手前で朝日が迎えてくれた。

 

5:41に発車。高架橋の上を通ってすぐに5:46、終点稚内に到着する。

下車して改札口に向かう人もまばら。さびしい終着駅であった。

 

▲稚内駅に到着。下車客も少なく寂しい終着駅。

▲改札口に向かう。

 

▲朝日に照らされる稚内駅前の町。

▲稚内駅北側の「最北端の線路」。

 

稚内駅の待合室には立ち食いそば屋があって、「利尻」到着前からすでにお客が何人か居た。列車が着いてからしばらく繁盛している。

“スープカレーそば始めました”という張り紙があって、スープカレーそばを食べてみる。とろみがあってカレー南蛮に近い。でもおいしい。

 

駅にいてもしょうがないので、駅近くを散策するしたあと、ずーっと海沿いに北へ向かってノシャップ岬まで歩いてみる。

途中で海藻拾いをしている人たちを多く見かけた。

 

北門鎮護の守護神、北門神社の境内。南向きに建つ。

▲神社境内から宗谷海峡を隔ててサハリンの島影がうっすらと見える。

 

▲ノシャップ岬にある稚内灯台は日本で2番目に高い(約43m)。

▲利尻岳とノシャップ岬。

 


その2へつづく→

HOME