HOME鉄道旅行記>特急利尻で稚内へその1 その2

 

特急利尻で稚内へ

その1


★2005年7月1〜2日。当時まだ定期列車だった夜行の特急「利尻」で稚内まで行った記録です。

 

 

←特急利尻の乗車口案内札

 

▲金曜は夜遅くまで人が多い。

▲ホームで発車を待つ特急「利尻」。

 

2005年7月1日金曜日。夜行の特急「利尻」で稚内まで行った。べつに稚内に用事は無いのだが、どこかに行きたくなったので仕事の後に夜行列車に乗って行ける所ということで今回は稚内とした。

初夏の道北はようやく暖かくなりはじめた頃で、花がいっぱい咲いて一番気持ちよい季節だ。観光シーズンにもまだ早いので人が少ないのも良い。

 

金曜の夜ということもあって自由席の乗車口は長蛇の列ができあがっている。「利尻」は旭川方面の最終列車の役割も持っているのだ。

自分の乗る指定席も相席にはならなかったが、そこそこ乗っている。しかし、指定席の客も旭川までにほとんど下車してしまうのだった。

 

▲朝4時頃、車窓は天塩川。

▲幌延駅に到着。すでに明るい。

 

朝目覚めるとすでに明るくなっていが、まだ3時半。列車は天塩川沿いを延々と走っている。車内はすっかり冷え切っていて、寒い。もう眠れなくなってしまった。

最初の停車駅は幌延。もう完全に明るくなっている。幌延を発車してしばらく行くと、地平線の向こうに利尻山がはっきりと見える。

 

▲幌延を過ぎるとしばらく利尻山が追いかけてくる。

▲兜沼。向こうのサロベツ原野は低い霧がたちこめている。

 

▲宗谷本線で唯一日本海が見える区間。利尻山がきれいに見え、車窓の名所。

▲独特な形の海岸沿いの砂丘

 

6:00終点稚内に到着。ホームや改札口は利尻・礼文観光らしい大勢の人で大盛況。わりかし年配の人が多いようだ。ホーム端には「日本最北端」の看板があって記念写真を撮っている人もいてにぎやかである。

 

▲終点稚内に到着。

▲この日は離島観光の乗客で大盛況。

 

▲早朝から営業している稚内駅改札口。

▲「利尻」に接続する1日1本のフェリーターミナル行バス。

 

列車から降りた人たちはすぐに駅前からバスや徒歩でフェリーターミナルへ行ってしまったので、すぐに静かな駅になる。

まずは待合室の立ち食いそば屋で月見そばといなりを食べる。早朝から営業しているのは夜行で着いた客にはたいへんうれしい。日本最北の立ち食いそば屋は稚内駅の名物にもなっている。

 

▲「利尻」で到着するとまず名物のそば屋で腹ごしらえ。

▲「利尻」到着朝6時から営業しているおみやげ屋と食堂。

 

▲最北端のホーム端には「日本最北端の駅」の看板が立つ。

▲ホーム端のすぐ先で線路は終わり。「最北端の線路」の看板前で記念撮影する人が多い。

 


その2へ続く→

HOME