札幌らーめん缶 味噌味


 

「おでん缶」が有名になったアキバ缶だが、「札幌らーめん缶」なるものが札幌市内の自販機でも販売されるようになった。

 

近所を自転車で走っていたら偶然に見つけた。ドリンクやお茶のペットボトルと一緒に並ぶラーメン缶やおでん缶は異彩を放つ。買うと、温められてアツアツの缶が出てくる。

最初は札幌限定品かと思っていたが、あとで調べたら秋葉原の“アキバ缶”のひとつであった。

 

自販機で売られているらーめん缶

 

札幌らーめん缶 味噌味

 

フタをあける

 

最初に出てきたのはチャーシュー

 

次いでメンマ

 

麺はコンニャク麺

 

“缶を開ければラーメン一丁!手間いらずで出来たての味”

“新開発したヘルシーな蒟蒻麺がのびずにいつでも美味しい「らーめん缶」を誕生させました。もちろんスープも本格派!厳選素材から丁寧につくり上げた味噌だれの豊かな風味が広がります。”(らーめん缶の謳い文句)

 

すぐに食べられるように、缶の上には折りたたみのフォークがついている。缶を開けると、油の浮いたスープがなみなみと詰まっている。量はカップ麺の半分位。フォークでさらうとまず出てきたのがチャーシュー。次いでメンマ、なかなか本格的だ。麺は普通の麺だとスープに浸かって伸びてしまうためコンニャクを使用。なので麺は硬くゴワゴワした感はある。ダイエットには良いかもしれない。

 

一缶300円でちょっと高め。ラーメンが食べたけりゃ、コンビニでカップ麺を買った方が良いと思った。ネタとして楽しむか、お土産にするような物であろう。 

 

醤油味もある


株式会社 UMAI FU

トップへ