根室 エスカロップ


 

どりあん

 

エスカロップ 840

 

エスカロップを食べに根室までやってきた。駅前の「モンブラン」は休みだったので、ポスフール向かいの「どりあん」という店に入った。

エスカロップは、揚げたてのトンカツにデミグラスソースがかかっており、タケノコ入りバターライスの上にのっている。付け合せに生野菜がついている。カツとデミグラスソースの組み合わせは、相当にコッテリしている。バターライスとも相まってボリュームはかなりのものだ。

エスカロップとは何だか健康ドリンクの名前みたいだが、根室市内のみで食されているという洋食である。フランスで修行した根室市内の洋食店「ニューモンブラン」のシェフが考案し、その後根室市内で爆発的に広まるが、根室以外には広まらないまま現在に至るというものである。

 

オリエンタルライス 950

 

オリエンタルライスもまた根室限定。ピラフの上に載るのは、とろけるように柔らかい牛のサガリ、そしてデミグラスソースがかかる

一週間以上煮込んだというどりあんのデミグラスソースは昭和44年の創業以来足し続けたとあって深い味わい。

ピラフの具は玉ねぎ・ハム・椎茸。それに生野菜の付け合わせ。

 

上記2店がわりと有名だが、市内の多くのレストランや喫茶店で出され、根室ではごく一般的なものである。

根室へ行ったらぜひ「タイエー」のやきとり弁当と、このエスカロップを食べるべきだ。

 


どりあん

根室市常盤町(ポスフール向かい)

トップへ