海外旅行ならH.I.S.

2009年 南ドイツ・オーストリア旅行記

ミュンヘンを拠点にして鉄道で日帰り旅行したときの記録です。

【11】 インスブルックからミュンヘンへ 

HOME>2009年南ドイツ・オーストリア旅行記11

 

行程

 

 

インスブルックHbf 14:38発

[RB5420]

17:27着 ミュンヘンHbf

 

旧市街地あたりをウロウロしながら電車の撮影をした。

ここ、インスブルックの電車は赤一色で広告も無し、なかなか洒落たデザインだ。しかし、この電車の前面デザインはかつて札幌市内を走っていた市電A830型、のちに名鉄岐阜市内線モ870型として走っていた電車にそっくりな気がする。

 

P7090129.jpg

▲インスブルックの電車は赤一色。ちょっとかっこいいデザイン。

P7090157.JPG

▲旧市街入口にある、マリア・テレジア通り停留所

 

 

P7090163.JPG

▲ムゼウム通りを行く。自転車が多い。

P7090190.jpg

▲凱旋門前を右折する電車。

 

駅の近くのスーパーで飲み物を買う。オーストリアはドイツよりも物価が安い。

再びインスブルック中央駅に戻ってきた。午後になって気温はさらに上がったようで暑い。駅の売店でパンを買って車内で食べた。

 

P7090199.jpg

▲広大なドライエリアのインスブルック中央駅のコンコース。

P7090200.jpg

▲オーストリア国鉄バージョンの発車案内板。

 

P7090207.jpg

▲車内から見たインスブルック中央駅のホーム。向かいはバーゼル行ユーロスターが着いたところ。

P7090204.jpg

▲売店で買ったサラミのサンドイッチ(2.69ユーロ)。パンは固いが食べごたえはある。

 

P7090208b.jpg

▲ノルトケッテ連峰越え。山の斜面を登って行く。登山鉄道のようだ。

P7090210b.jpg

▲対向列車交換のためしばらく停車。のんびりとしたホッホツィル駅。

 

行きは曇り空だったが帰りは青空が広がる良い天気。アルプスの山間のような風景が続く。「のような」ではなくアルプスそのものなのだが。

日本の長野県あたりの雰囲気によく似ている。飯田線といったところか。牧草地が田んぼで日本家屋を配したら長野県だ。

 

P7090223b.jpg

▲高原の谷が続く。

P7090224.jpg

▲このあたりはドイツ南部の避暑地のようだ。

 

帰りの列車は客車5両編成。インスブルック発車時はがら空きだったが、ドイツ国内に入ってから途中駅で次々と乗ってきて、車内は満席になった。また、小学生の団体も乗ってきて騒がしいこと。引率の先生らしい人が怒るとおとなしくなるが、またすぐに元に戻る。終点ミュンヘン中央駅に着いて下車したときはヤレヤレと思った。

 

P7100225.jpg

▲ミュンヘンに到着。

 

10 インスブルック

ミュンヘンビアガーデン

 

HOME