海外旅行ならH.I.S.

2008年ドイツ鉄道旅行記

ドイツ国内の各都市を鉄道で巡ったときの旅行記です。

4】 ミュンヘン到着、ドイツ初上陸 

HOME>2008ドイツ旅行記4

  ミュンヘン空港 → ミュンヘン中央駅 Sバーン(S1)

 

日本では20時過ぎだがドイツではまだ昼の13時過ぎ。やっとミュンヘンに着いた。出口でスチュワーデスに「バイバイ」と言って出る。

入国審査は『Non-EU』と書かれた方に並ぶ。審査官にパスポートを差し出してスタンプを押してもらえば入国審査は終了。あとはターンテーブルで自分の荷物を受け取って外に出るだけ。税関検査は無いようだ。あっけない入国だった。

 

▲空港ターミナルからSバーンの駅へは[S]マークの表示に従って進めばよい。

▲券売機コーナー。どうやって操作するのか戸惑う。

 

ターミナルからミュンヘンの中心部までは離れていて、:中央駅)までSバーンで40分以上かかる。

駅へは案内表示の電車マークと[S]と書かれたSバーンのマークの方向に進んで行けばよい。ショッピングモールの通路を大分歩くと券売機の並んだ電車乗り場があった。

 

まず切符を買わなければならない。券売機は駅ごとにボタンが並んでいるのだが、中央駅である『Hauptbahnhof』の文字を探すが見つからない。

機械の前にずっと立っていたら一人の男性が近づいてきて何か言ったのでカミカミで「ハウプトバーンホフ?」と券売機を指さして言ってみた。「セントラルステイション?」と返されたので「イエス」と言うと、こうこうこう、と操作の仕方を教えてくれた。なんとか購入でき、ドイツ語で「ダンケシェーン(ありがとう)」というと「ビッテシェーン(どういたしまして)」と答えた。親切なおじさんだった。このおじさんは他の人にも教えて回っているようだ。職員ではなさそう。

 

▲空港駅のホーム。改札口は無いので出入りは自由。

▲日付の刻印機。改札口はない代わりに自分で切符に日付を入れる。

 

改札は無く、階段で直接ホームに降りる。ホームには刻印機があって、差し込んで日付を刻印すると切符が有効になる。これをしないと無効の切符となり、運悪く検札があった場合不正乗車とみなされて罰金を取られるので注意したい。

 

▲空港からの電車車内から。途中の停車駅。

▲Sバーンは赤い電車。

 

ホームで待っていると赤い電車が入ってきた。車内はオールクロスシート。しばらくして折り返し発車する。各駅停車、途中駅で乗客はかなり入れ替わる。車窓は緑の多い住宅地といった感じ。快速「エアポート」の雰囲気に似ていなくもない。貨物列車専用なのか分岐や並行する線路が多い。

 

日本と同じく次駅の車内放送がある。「ハウプトバーンホフ」と放送があったので次で降りる。このハウプトバーンホフ(Hauptbahnhof)という言葉は覚えておくと大変役に立つ。ドイツの街歩きで、道が分からなくなっても標識や案内板にこの文字を見つければ確実に中央駅に行くことができる。

 

▲ミュンヘン中央駅の案内所と電光掲示の発車案内版。改札口はない。

▲広いコンコース。

 

Sバーンは列車駅とは別の地下ホームに発着する。ホテルは駅近くにありルートを示した地図も持ってるのだが、上がる階段を間違えて変な所へ出てしまった。中央駅は広くて、地下では方向感覚もわからなくなる。

駅構内をさんざん歩きまわってやっとわかる場所までこれた。ここからホテルまでは歩いて3分程なので便利。

 

▲宿泊ホテル前。奥がミュンヘン中央駅。

▲ホテル入口に置いてあった像。ライオン?

 

今日1泊するホテルは日本のビジネスホテルのような所。建物は古そうだ。周囲は駅裏の場末のような雰囲気の場所だが駅から近いのはありがたい。

チェックインして部屋に荷物を置き、ようやく一息ついた。

 

【3】 ドバイ乗継ミュンヘン空港まで

 

【5】 ミュンヘンを歩く、ビールを求めて

 

HOME