海外旅行ならH.I.S.

2008年ドイツ鉄道旅行記

ドイツ国内の各都市を鉄道で巡ったときの旅行記です。

10】 フランクフルトまで 

HOME>2008ドイツ旅行記10

  ヴュルツブルクHbf 17:35 → 19:24フランクフルト(マイン)Hbf RE4626

 

予定では18:27発のICEに乗るはずだったが、ヴュルツブルクは雨が降ってきてどこへも行けなくなったので先の列車でフランクフルトに行くことにする。

REとはレギオナル・エクスプレスの略で日本でいうところの快速列車である。フランクフルトまで131km1:49で走り、ほぼ1時間毎に出ている。同じ区間をICEならば1:09で着く。

 

▲発車案内。17:35REフランクフルト行は9番線。

▲赤い客車。一般列車用ホームは嵩が若干低い。

 

地下道から階段を上がり9番線へ行くと、赤い色の列車が入線していた。日本ではほぼ消滅した客車列車で、先頭は電気機関車がつく。客車の最後部にも運転台があるので、終点での機関車の付け替えをせず、電車と同じく折り返すことができる。

 

車内はすべてクロスシート、全座席が客室中央に向かって並び、真中が4人ボックス席になる集団見合い方式になっている。座席はゆったりとして座り心地も良い。

座席の各列ほぼ埋まっているが、帰宅時間の発車にしては寂しい状態である。

 

▲フランクフルト行のRE(快速)列車は電気機関車牽引。ヴュルツブルク中央駅ホーム。

RE列車の座席。窓下の箱は灰皿ではなくゴミ箱。

 

発車時刻になると音もなく静かに列車は動き出す。女性車掌が検札に回ってきたのでパスを見せる。

ヴュルツブルクを出てしばらくは快速運転で小さな駅は通過する。時速140キロくらいだろうか、結構なスピードで走っている。

軌道の状態と台車が良いのか揺れも音もほとんど無い。

最初の停車駅で車内の3/1くらい降りて行った。次の駅でも降りて行く。下車客ばかりなのでだんだん空いてくる。いつの間にか車内は数名のみになっていた。

進行左側にはマイン川が並行して見え隠れするが、相変わらずの雨で重苦しい風景。

 

▲一方向き固定座席が並ぶ車内。

▲列車は雨の中を走る。マイン川に沿って

 

フランクフルトに近づくにつれまた快速運転になり、また乗客も増えてきた。

 

▲途中のローア駅。

▲フランクフルト中央駅。

 

 

  フランクフルトHbf → ローデスハイム → フランクフルト南 → フランクフルトHbf  Sバーン

 

フランクフルト中央駅はミュンヘンと同じように頭端式ホームになっていて、アーチ状のドームが覆っていかにも終着駅という感じである。

大きなドームの駅舎正面はガラス張りの窓になっている。駅前は古そうな街並みだが、その向こうには高層ビルがいくつも見える。

 

▲大きなドームのフランクフルト中央駅。

▲トラムが発着する駅前。高層ビルも見える。

 

フランクフルト発の夜行列車は23:14発である。それまでどこで時間をつぶすか。

レイルパスを持っているので、電車にはただで乗れると思い、地下ホームからSバーンの電車に乗って時間をつぶす。ラッシュも過ぎた時刻だが、車内は混んでいた。

 

郊外の駅に次々と停まって行く。どの駅前も暗い。どこかで折り返さなければならないと思って乗っていると、前の方から2人連れの検札員が回ってきた。2人とも私服である。

自分の番になり、レイルパスを出すと繁々と眺めて『ダンケシェーン(ありがとう)』と笑顔で返してくれた。ドイツでは駅に改札が無いかわりにこうして抜き打ちの検札があり、無札だと問答無用で罰金を徴収されることになっている。

 

S5番が分岐するローデスハイムという駅で降りる。ホームは明かりが煌々と灯るが、駅の外は真っ暗だ。古びた郊外の通勤駅といった印象だった。

戻る電車はすぐに来た。この電車も結構混んでいて、座れなかった。中央駅を過ぎて、終点のフランクフルト南駅まで乗る。

 

▲フランクフルト郊外ローデスハイム駅。

▲駅の真ん前はトラム乗り場。フランクフルト南駅。

 

フランクフルトを通る一部の列車は中央駅ではなく、ここのフランクフルト南駅に発着する。市内でも主要な駅だと思うのだが、21:00を過ぎたこの時間は窓口も閉まっていて、コンコースも薄暗く無人駅のよう。駅内のマクドナルドだけが営業している。

22:17にドレスデン経由プラハ行の夜行列車がこの駅から出るのだが、あまりにも寂しい。

 

南駅からは2階建てのRB(普通列車)で中央駅に戻る。

 

▲人影も少ない南駅のホーム。

1駅だけ乗った2階建て列車。

 

【9】 古都ヴュルツブルクへ

 

【11】 IC2020夜行列車

 

HOME